1. TOP
  2. パイロット調査

パイロット調査

パイロット調査

パイロット調査とは、エコチル調査より2年ほど先に開始し実施されている先行調査です。
当ユニットを含め全国で4つの機関から約400組の方にご参加いただいています。

パイロット調査とは?

エコチル調査がスムーズに進むために、2年ほど先に始まり実施されている先行調査です。
4つの地域で実施しており、北九州では約100組の方にご参加いただいています。
調査方法や調査内容が適切かどうか実施可能性を確認し、エコチル調査へフィードバックする事を目的としています。

対象

対象:2009年2月~2010年3月にかけて妊婦さんにご登録いただきました。生まれてきたお子さまとその保護者(ご両親)の方にご協力いただいています。
パイロット調査

調査内容

質問票調査

年齢質問票

6歳までは6ヶ月毎(年2回)、以降は年に1回実施。

学年質問票(1回/年)

小学校入学に合わせて開始。身長・体重やスポーツテストの結果を書く項目もあります。

WEB質問票(2015年)

ネットワーク環境の普及に伴い、WEBベースの質問票調査への移行を検討するために実施されました。
2014年~2015年にかけて、A群(紙質問票を先行して回答、3か月後にWEB質問票を回答)B群(WEB質問票を先行して回答、3か月後に紙質問票を回答)に分け、それぞれ回答していただき比較しました。
結果、身長や体重などの事実確認事項についての回答はほぼ一致すること、またWEB質問票の回答画面の提示の仕方が回答に影響を与えることが分かり、エコチル調査でのWEB質問票導入に向けた検討材料となりました。

詳細調査

訪問調査(環境測定)(2歳前後に2回実施)

異なる季節に1回ずつ、1週間コース・半日コースを設定し実施しました。
実施した測定項目は以下の通りで、ご参加いただいた方には個別の測定結果をお返ししました。

項目
希望者全員 ○訪問時のハウスダストの採取‐ダニアレルゲンの測定
○長期的なハウスダストの採取‐化学物質の評価
○生活の場における化学物質使用調査
一部の方 ○ガス状物質の採取-捕集管によるガス状物質の採取
○粒子状物質の採取-吸引ポンプによる浮遊粒子濃度測定
○生活環境騒音の測定

発達検査(面談調査)(2歳~3歳に実施)

日本でよく実施されている発達状況に関する検査を面談で行いました。

医学的検査(2歳・4歳)

質問票ではわからない情報を、より詳細な調査で得るために実施しました。
身体測定、血圧測定、小児科医による身体観察、血液検査、尿検査(2歳は未実施)などを行い、個別に結果をお返ししました。

詳細調査(6歳・8歳・10歳)

それぞれの年齢で医学的検査と精神神経発達検査を実施しました。
医学的検査では身体測定、血圧測定、小児科医による身体観察、血液検査、尿検査などを行いました。
精神神経発達検査は6歳・10歳では熟練した検査員による面談調査を、8歳ではパソコンを用いた発達検査を行いました。

その他調査

栄養調査(2015年)

「食事の記録」と「食事質問票」の2つの調査を行い子どもたちの栄養摂取状況や記録と質問票の整合性を検証しました。
「食事の記録」は非連続の4日間(平日3日、休日1日)の秤量式食事調査(実際に食べ物の量や重さを量って記録する調査)で、調査員が各家庭に訪問し、対面で行いました。

個人ばく露測定(2019年)

ガス状の環境化学物質を採取するサンプラーを7日間ランドセルにつけていただき、お子様の身の回りにある化学物質(ホルムアルデヒドなど)の濃度を調べました。

脱落乳歯調査(2019年)

乳歯に蓄積された化学物質を測定し、亜鉛や鉛などの金属類に、どの時期にどれだけさらされていたのかを明らかにする調査を行いました。

 それぞれの調査において、ユニットセンター独自でアンケートをとり、その後の調査実施に活かしています。 産業医科大学パイロット調査ユニットセンターでは、参加者向けニュースレター『はっぴ~エコチル』などでご報告をしています。
 また、パイロット調査参加者の皆様には先輩ママ・パパとして子育てに関する様々なアンケートにもご協力いただいています。
最新号の『はっぴ~エコチル』15号では「子ども部屋とおうちの学習スペース」について特集し結果をご紹介しています。

スケジュール

パイロット調査

エコチル調査へのフィードバック

パイロット調査で行った各種調査・検査を検証しエコチル調査では改善して実施しています。
上記スケジュール内、マークで次のように改善されています。

  • 訪問調査
    2回にわたり実施する事で、機械の設置方法の工夫・改善につながりました。

  • 発達調査
    検査の様子を撮影し、結果に対する評価の一致性を確認することで、全国のエコチル調査での実施が決定されました!

  • 詳細調査(6歳)
    独自に開発した、アームスパン測定法(産医大方式)が全国のエコチル調査で採用されました!

  • 詳細調査(8歳)
    パソコンを用いて行った発達検査の内容が改良されてエコチル調査8歳学童期検査に採用されました!

  • 脱落乳歯調査
    小学4年生で乳歯2本を提供いただく調査ではパイロット調査を踏まえ、回収キットは乳歯を入れやすい容器に変更されました!

今後の予定

2022年に12歳詳細調査を予定しております。
これからもご理解・ご協力をお願いいたします!

お問い合わせ

エコチルQ&A

PAGETOP